女の人のところへ来たドラえもん

21歳の女の人と43歳の男の人が意気投合し、社会の矛盾に科学的に挑戦していく過程です。                    ブログの先頭に戻るには、表題のロゴをクリックして下さい。

プリン君のシャーペンがなぜカムバックしたか

 現在2021年12月7日11時26分である。(この投稿は、ほぼ2054文字)

麻友「私、良く分かっていなかったんだけど、太郎さん、私のペンケースに入れて、プリン君のシャーペン、普段使いしてたのね」

若菜「それは、本当です。お母さんのペンケースは、どこにでも、持って行ってますし、ペンケースの中には、ジェットストリームのボールペン4本とシャーペンのリボルバーが入ってますけど、これは以前話したように、芯はFでなくHBが入ってますから、お父さんは使いません。プリン君のシャーペン使いまくられていました」

麻友「それで、相対論のブログの記事によると、9月30日かな? 私に振られた、気分転換の記念に、クルトガアドバンスを、買ってるのよね」

結弦「そうだよ。9月30日の2日前の(9月)28日に、『麻友75』のノートに、4478ページから4479ぺーじにかけて、


2021.9.28 14:20:40「

 6年以上続いてきたこの『麻友』ノートは、『麻友75』でおしまいです。

 今まで、楽しいことが沢山ありました。麻友さんの健康を損ねた理由が何だったか、私には分かりません。もし私のようなファンの執拗なつきまといが原因だったのなら、私は、麻友さんの前から身を引きます。

 数学、物理学、化学、分子生物学、特に数学を中心に、今後の研究をしていくつもりです。

 握手会にも行きませんでしたから、もしかしたら麻友さんは、私の存在すら知らないかもしれません。

 そうだったとしても、私に取って麻友さんは、大きな存在でした。そして、今後も、その思い出が消えることはないでしょう。

 いつまでも好きです。

 さようなら。

                     松田太郎

          」2021.9.28 18:22:22


と、決別文を書いた、プリン君のシャーペンは、9月30日から始まった、『研究ノート』には、使われず、中身をFの芯に入れ換えた、クルトガアドバンスに、席を譲ったんだ」

麻友「それが、なぜ、カムバックすることに、なったの?」

若菜「お母さん。お父さんの50歳の誕生日に、メールひとつ送らなかったでしょう」

麻友「それは、当然よ」

結弦「翌日の12月3日に、お父さんは、ポートに行った。行きの京浜急行で、いつものように、お母さんのペンケースから、クルトガアドバンスを、取り出し、数学の本か何かを、書き込み入れながら、読んでいた。逗子・葉山駅に着いて、バスを待っている間も、それを続けていた。バスが来たので、乗るとき、クルトガアドバンスを、ポケットに入れたんだ。それっきり」

麻友「それっきり、って、シャーペン落としちゃったの?」

私「そういうことなんだよ。まだ、使い始めて2カ月のま新しい、クルトガアドバンス、なくしちゃったんだ」

麻友「それ、もしプリン君のクルトガだったら、後悔しきりね。でも、写真で見たけど、ただのどこにでもある、クルトガアドバンスね。また買えば?」

私「買おうかどうしようか、迷ったけど、プリン君のクルトガのシャーペンを、カムバックさせることにしたんだ」

麻友「でも、プリン君のは、702円で、クルトガアドバンスは、605円だって言ってたじゃない。もったいないわ」

私「逆だよ。プリン君のシャーペンだったら、なくさなかったんだ」

麻友「それは、詭弁よ」

私「いや、バスが見えたとき、クルトガアドバンスを、ポケットに入れようとして、落とさないかな? 先の部分が折れないかな? って、一瞬思ったけど、大丈夫でしょう高いものでもないしと、ポケットに入れちゃったんだ」

麻友「プリン君のだったら?」

私「リュックを開いて、麻友さんのペンケースに、しまったはずだ。だって、麻友さんだから、プリン君のシャーペンなんだもの」

麻友「サンリオとのコラボは、もうないかも。今度なくしたら、最後よ」

私「下敷きも、ペンケースも、クッションも、ずっと使ってる。唯一、タンブラーだけが、飲んでいるとき、液体が口の端からこぼれるので、使われずにいる」

麻友「ああ、あのW3M∞のタンブラー、飲みにくいって、評判悪かったのよね」

私「後、まあ、当然ペンライトは、どっかにある。当分、使わないだろうけど」

麻友「無くしてない?」

私「捜してみようか?」

 50分経過。

私「ああ、この靴の箱に入ってたのか。1回電池替えてあるから、今も点く」

麻友「合格」

若菜「お父さんって、模範的なファンよね」

麻友「ブログ書いてなければ、でしょう」

結弦「これ、お母さんにとっても、財産なんじゃない?」

麻友「うーん。どうしたら、良いんだろう」

私「差し当たって、プリン君のシャーペンの話は、できた。1回投稿するよ」

麻友「分かった」

若菜・結弦「バイバイ」

麻友「バイバイ」

私「バイバイ」

 現在2021年12月7日14時42分である。おしまい。