女の人のところへ来たドラえもん

21歳の女の人と43歳の男の人が意気投合し、社会の矛盾に科学的に挑戦していく過程です。                    ブログの先頭に戻るには、表題のロゴをクリックして下さい。

フーリエの冒険(その4)

 現在2021年4月12日18時32分である。(この投稿は、ほぼ2221文字)

結弦「自分が、レポーターやるときは、最初にしゃしゃり出ても、いいでしょ」

私「まあ、許そう。まえがきから、やってもいいが、これまで何度も挫折してる。本文からやったらどうだ?」

結弦「お父さん、数学の本読むとき、まえがきも、目次も、飛ばすの?」

私「これはね、人間、自信をなくすほど、まえがきや目次などまで、読むようになる。私の『解析入門Ⅰ』、『数学基礎論入門』、『代数学講義』、『数学基礎概説』、『数学原論』には、奥付や全部のまえがき、さらに目次まで写したノートがある。振り返って読んでみても、全く覚えていない。でも、そのときは、精神の安定のために、必要だったんだ。まあ、必要なことが出てきたら、戻ることにして、本文の説明をしてよ」

解析入門 Ⅰ(基礎数学2)

解析入門 Ⅰ(基礎数学2)

数学基礎論入門 (基礎数学シリーズ)

数学基礎論入門 (基礎数学シリーズ)

  • 作者:昭二, 前原
  • 発売日: 2006/04/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

代数学講義 改訂新版

代数学講義 改訂新版

数学基礎概説 (共立数学講座)

数学基礎概説 (共立数学講座)

  • 作者:猛, 大芝
  • 発売日: 1987/10/20
  • メディア: 単行本

Theorie des Ensembles (Elements de Mathematique)

Theorie des Ensembles (Elements de Mathematique)

  • 作者:Bourbaki, N.
  • 発売日: 2009/02/22
  • メディア: ペーパーバック


結弦「じゃあ、始めるよ。

第1部第1章 フーリエ級数

 私達は「人間の音声の謎」にせまろうと、している。

 人間の音声の謎解きに欠かせないのが

    数学

 である。

 フーリエとは「人間の音声の謎」に迫っていくときのワザのようなものだ!」


若菜「あ、フーリエっていうカバがでてくるのではないのですね。表紙に大きく描かれてましたが」

結弦「この後、もっと話が展開する。

 音声の正体は、空気の振動。

 音の振動を見られる機械。

 FFT

私「FFTって、何の略だ?」

結弦「索引を調べて、Fast Fourier Transform の略だと分かったけど、何が速いのか、良く分からなかったんだ」

私「そこまで、調べてあれば、十分。読んでいくうちに、分かるよ」

結弦「FFTで、見てみると、音声は、波だと分かる」

結弦「本に出て来る絵は、いちいちスキャンしないよ。お母さんも付いてきたかったら、本を買ってね」


結弦「老若男女、声の大小、高低にかかわらず、“ア”は“ア”ときこえる!


 ここで考えられること

 “ア”には“イ”や“ウ”とは違う特徴があるはず!

 もっと身近なことで考えてみると・・・

 イヌとネコは、違う。

 イヌは、セントバーナード、チワワ、チャウチャウ、ブルドッグ、・・・」

私「ゴールデン・レトリバーラブラドール・レトリバー、・・・」

麻友「もう。ふざけてるの!?」

私「プリン君や、AKB48の歌も、取り入れたら?」

麻友「そういうおふざけはなし。まじめな数学の本にするのよ」

若菜「その程度で、お互い、にらみ合わずに」

結弦「お母さんにとって、AKB48って、黒歴史なのかな?」

結弦「さて、イヌとネコは、絶対区別が付く。ところが、“ア”“イ”“ウ”“エ”“オ”の違いは、あいまいでよくわからない。人によって言い方が違っていて、特徴がはっきりわからない!」

結弦「ウーン、困った!もっと誰にでも、はっきりわかるように波の特徴を表したい!

 それをできるのが、フーリエなのだ。

 なめらかとかギザギザではなく、誰にでも通じる言葉で表せる。

 それが、数式のいいところである。

 ここで、いよいよ、フーリエ登場。フーリエとは、

Jean Baptiste Joseph, Baron de Fourier
(ジャン バプティストゥ ジョセフ バロン ドゥ フーリエ
   (1768.3.21~1830.5.16)

 =フランスの数理物理学者=

という数学者の名前だったんだ」

若菜「ああ、そうだったのね。ところで、お父さん、何調べているの?」

私「フーリエの本に、ケチを付ける気はないんだが、1830年にフーリエは死んでいる。これは、重要な意味を持つ。1830年2月、フランス学士院が、数学グランプリを行い、あのガロアが、応募している。ところが、その査読を頼まれた、フーリエが、5月16日に死んでしまった。論文は、行方不明。今のようにコピーなんて取れないから、それっきりになってしまった。この本に記述がある」

アーベル/ガロア『楕円関数論』(朝倉書店・数学史叢書)

アーベル/ガロア 楕円関数論 (数学史叢書)

アーベル/ガロア 楕円関数論 (数学史叢書)

  • 発売日: 1998/05/01
  • メディア: 単行本

結弦「フーリエって、悪い人なの?」

私「いや、立派な業績を、残した人だよ。ただ、優秀な人でも、他の人の仕事まで、手伝ってあげる余裕は、なかなかないのだろうね」

結弦「今日は、ここまでにしよう。11ページのフーリエが登場したところまでだ」

私「『微分積分入門』は、先に延ばそう。何、慌てる旅ではない」

若菜「お父さん、そんなこと言ってるから、お母さんの心を、捕らえられないんですよ」

麻友「まず、取り敢えず新しい企画が、始まった。ちょっと、様子を見るわ」

私「じゃあ、解散」

麻友「おやすみ」

私「おやすみ」

 現在2021年4月12日23時11分である。おしまい。

フーリエの冒険(その3)

 現在2021年4月7日21時15分である。(この投稿は、ほぼ2087文字)

麻友「あれっ? フーリエ? 『細胞の分子生物学』は?」

私「『細胞の分子生物学』続かないんだよ。折角、麻友さんと楽しむための、『女の人のところへ来たドラえもん』のブログに移したのに、2回やっただけ。しかも、実質的に進んでない」

結弦「『フーリエの冒険』は、お父さんには、易しすぎるんでしょ」

若菜「でも、難しい話ばかりして、お母さんに嫌われたら、お父さんに取っては、元も子もないのよ」

私「そういうことなんだ。そして、今回、もうひとつ決心をした。『場の量子論を制覇しよう!』というブログの、『あまりの誤解』という投稿で、宣言した、「5つのブログで、麻友さん達3人を、5年後に成長した姿にする』という宣言を引っ込め、『場の量子論を制覇しよう!』で、フーリエと並行して、『量子力学の冒険』を、読んでいこう」

麻友「太郎さんに取っては、得るものがないのでしょ?」

私「そんなことはない。私は、日常会話で、物理学や数学の専門用語を、平気で使っているが、周囲の人が、それを、どう聞いているのかなど、興味がある」

結弦「僕が、『フーリエの冒険』のレポーターをやるんだったよね。お姉ちゃんは、『量子力学の冒険』のレポーターをやったら?」

若菜「ウッ、結弦は『フーリエの冒険』、お母さんは『数Ⅲ方式ガロアの理論』のレポーターやってる。私だけ傍観はできないわね。やってみようかしら」


麻友「そうすると、『細胞の分子生物学』は、完全にお払い箱ね」

私「現在、私は、ブルバキ数学原論』、彌永『集合と位相』、グライナー『量子力学概論』、杉浦『解析入門Ⅰ・Ⅱ』と、5冊の本を、上に上げた本の他に、読んでいる。だが、『細胞の分子生物学』が、良い本で面白い本であることは、分かっているので、切り捨てたくはない。しかも、新型コロナウイルスは、変異株となって、再襲撃をかけて来ようとしている。分子生物学を学ぶのに、格好の時期であるのは、論を俟たない」

結弦「お父さん、投稿にはしてないけど、ブルバキも、『集合と位相』も、読んでるんだ」

若菜「グライナーの『量子力学概論』を読んでいるのなら、『量子力学の冒険』で、分からないところがあれば、どんどん、質問して良いのですね?」

私「もちろんだよ」


麻友「それで、『細胞の分子生物学』は?」

私「どうしても、相応しいブログを見つけられなかったので、新しいブログを作ったんだ」

結弦「えっ、9個目?」

私「そう。私のブログは、ほとんどが数学の話で、分子生物学を書く場所を見つけられなかったんだ」

若菜「何というブログですか?」

私「『『細胞の分子生物学(第6版)』を読もう』というブログだ。読者は、もちろん麻友さん達を想定しているので、今までのところは、軽く飛ばすよ。読みたかったら、ドラえもんのブログの『細胞の分子生物学(その19)』に、纏めてあるからね。まあ、若い麻友さんなら、覚えているだろうけど」

麻友「『フーリエの冒険』と、『量子力学の冒険』。今度こそ太郎さんの話が、分かるかも知れない。読んでみたいわ」

若菜「6年前に、ここからスタートしてたら、違ったかも知れませんね」

私「私は、この6年で、大量の科学での常識を、麻友さんに埋め込んだ。普通の大学1年生が読むのとは、全然違うだろうと思う」

結弦「科学での常識か。僕は、4月から、中学3年生になった。まだ何も科学について知らないけど、新型コロナウイルスを、原始的なマスクとか、透明なシートで、押さえ込んでいるこの社会を見ていると、科学って、まだまだ進む余地があるんじゃないかと、思えるな。今の科学の常識が、常識でなくなる日が来るかも知れない」

若菜「新型コロナウイルスは、人間の価値観を、大幅に改めさせましたね。でも、こういうときの方が、より、お金持ちはさらに良い暮らしになり、貧しい人は前以上に、貧困に陥りますね。大学生で、月13万円とかアルバイトで稼いでいた学生が、月に1万円稼ぐのが、やっとになった、という報道もありました。お父さんだったら、裕福な家庭だったのですから、アルバイト収入が減っても、平気で本を買っていたでしょうね」

私「もう、こんな社会、やめようよ。競争で、他の人を蹴落とすことを、目標に生きるなんて。小林りんさんの作った ISAK(UWC ISAK Japan)の優秀な学生なら、もっと良い、社会制度を、発案できるんじゃないのか?」

麻友「途中で、新しいブログなんて作ってたから、こんなに遅くなっちゃたのね。もう3時19分よ。本当に、21時に薬飲んだの?」

私「飲んだよ。だけど、少しは眠くなったけど、いつものように、眠くて眠くてとは、ならなかった。薬が遠慮したのかも」

麻友「馬鹿なこと言ってないで、すぐ寝なさい」

私「分かった、寝るよ。おやすみ」

若菜・結弦「おやすみなさーい」

麻友「おやすみ」

フーリエの冒険

フーリエの冒険

  • 発売日: 2013/07/01
  • メディア: 単行本

 現在2021年4月8日3時23分である。おしまい。

『細胞の分子生物学』(その20)

 現在2020年11月18日21時14分である。(この投稿は、ほぼ2894文字)

麻友「本気で、始めた?」

私「6月28日にも、『『細胞の分子生物学』(その19)』として、始めかけている。でも、沈没した」

麻友「何が、原因だったのかしらね?」

私「本の最初から読んだからだと思う」

麻友「1000ページ以上の本を? じゃあ、どこから、始める?」

私「私には、分かっていた。最後のボスは、免疫だろうと」

若菜「おとうさん。どうして、知っているのですか?」

私「ごめん。眠くなってきちゃったので、今日は、止める」

 現在2020年11月18日21時23分である。中断。



 現在2020年11月19日10時56分である。再開。

私「昨日は、眠くなって、ごめん。今朝は、2時22分に起きてしまって、もう一度寝るために、ヤクルトを飲んだ。それでも眠れず、2時51分に頓服のセロクエル100mgを、飲んで、『3時30分までは、頑張ろう』と、ベッドに入った。だが、眠れず3時30分に起き、食べようと思って、ご飯を仕掛ける。その頃になって、ようやく眠くなってきたので、ベッドに入ったら、夢うつつで、炊飯器の炊けたという音を聞きながら、眠れた。そして、7時54分まで、眠れたんだ」

結弦「眠くならないのは、運動が足りないからだよ」

私「そういう非科学的なことを、言わないこと。私が身長175cmなのに、体重が55kgくらいなのが、十分運動できてる証拠」

若菜「取り敢えず、進めましょう。最後のボスは、免疫だろう、という話でした」

麻友「太郎さんは、相対性理論のブログで、『モーツァルトシンフォニーニ短調K.74c(K.118)〔救われたベトゥーリア〕』という投稿でも、免疫のことを言ってる」


*******************************


私が作ろうと思っているのは、もっと、肉体と一体となったようなもので、いちいち洗浄したりしなくていいように、するつもりなんだ。

「太郎さん。本当に、そんなもの、作れると思ってるの?」

 人を生き返らせるよりは、ずっとずっと楽だろうと思うし、女の人が、本当に喜ぶ物になると思う。

「どんな課題が、特に乗り越えるのが、難しいの?」

 免疫の問題が、かなり大変。

 臓器移植が難しいのは、人間一人一人、免疫が違ってて、自分以外の体を、攻撃してしまうからだ。

 新しい、医学機器を、女の人の体に埋め込んでも、免疫に攻撃されてしまったら、死んでしまう。

 これは、簡単には、解決できない課題だ。

 最後まで、残ると思う。


*******************************


麻友「なぜ、そんなに免疫だと、思うようになったの?」

私「実は、これは、あの北上田君と競い合っていた、狹間雅章(はざま まさあき)君の功績なんだ」

若菜「全学トップの狹間雅章さんが、お父さんに教えてくれたの?」

結弦「だって、最後に会ったの、26年前じゃないですか」

私「教わったと言うより、湧源クラブの関西支部の発行する、『プチピュイ』っていう同人誌みたいな、雑誌があるんだけど、私が、分子生物学の女の人に夢中になっていた頃、狹間雅章君が、次の本の書評を投稿したんだ」

多田富雄(ただ とみお)『免疫の意味論』(青土社

免疫の意味論

免疫の意味論

若菜「書評って、新聞みたいに?」

私「『今読まなければ、すぐ時代遅れになるだろう』みたいなことが、最後に書いてあった」

結弦「当然、お父さん。買ったんだね」

私「買ったし、面白かったけど、最後までは、読めなかった」

若菜「どうして?」

私「私の精神が、正常ではなくなってしまったからだよ」

麻友「その問題まで、背負い込んでいたの? そりゃ、気が狂うわよ」

若菜「北上田敦さんや、狹間雅章さんの課題まで、射程に入れようとしてたなんて」

結弦「天才になんか、なるもんじゃない」


私「そういうわけで、昨日、『細胞の分子生物学(第6版)』の目次を、ダーッと見ていった」


第1章 細胞とゲノム

第2章 細胞の化学とエネルギー生成


私「こんなに前のはずないな」


第10章 膜の構造

第11章 小分子の膜輸送と,膜の電気的性質


私「まだか?」


第20章 がん


私「がんより、後ろ?」


第23章 病原体と感染


私「あっ、これ新型コロナウイルスに使えそう」


第24章 自然免疫と適応免疫


私「なんだ、最後じゃないか。今でも、最前線じゃないか、少なくとも2015年の!」

麻友「えっ、免疫って、最前線の研究テーマなの?」

私「って、言うか、分子生物学が、遂に、免疫を克服したから、新型コロナウイルスっていうウイルスを設計して、人間達を、試しているんだと思う」

若菜「じゃあ、生物兵器?」

私「兵器じゃない。誰も死んでない」

結弦「死んだ人は?」

私「死んだところ、家族も見てないだろう。後で、ドッキリでした。と、戻ってくる」

麻友「でも、AKB48は、『会いに行けるアイドル』を、売りにしてたのに、それができなくなって、今年の紅白歌合戦にも、出場できなくなったのよ」

私「ぼろもうけしてたから、ちょっと、意地悪されたかな? でも、以前話したけど、選挙をオンラインでやる、ということの実験に貢献したんだから、胸を張って良い」


若菜「それで、第24章を、読んだんですか?」

私「見出しを見ていったら、『ウイルス感染細胞は思い切った手段でウイルスの増殖を防ぐ』というのがある。そこを読んだら、かなり興味深い。科学の教科書なのに、


『Ⅰ型インターフェロンの生産は哺乳類細胞のウイルス感染に対する一般的な反応であるらしく,・・・』


などと、『らしく』なんて、憶測で書いている。これは、面白い」

結弦「だからやっぱり、新型コロナウイルスというものが、脅威として、あるんじゃないの?」

私「いやー、それは、信じられないね。新型コロナウイルスというものがあっても、それは、人間を殺すことはないはずだ」

麻友「もう、妄信するんだから」

私「私が、特効薬つくる前に、医学と分子生物学で、ワクチンつくるだろうけど、『細胞の分子生物学』読む楽しみには、なるな」

麻友「つまり、これが、『最初に種明かしします』の公約通りの、開始なわけね」

若菜「このブログの初回に、言っていたことですね」

結弦「今日は、ここまでにしたら? 余り長いと疲れる」

私「じゃあ、今日は、終わりだ」

麻友「バイバイ」

若菜・結弦「じゃあね」

私「バイバイ」

 現在2020年11月19日13時40分である。おしまい。